カーヴィーフィットの着方について

カーヴィーフィットの着圧・加圧の力はかなり強めですから、
滅多なことでは破れないです。ただ、何度も何度も使っていくにつれて、その着圧力は弱まっていくでしょう。


通常の下着と比べても、スパンデックスの効果により、2サイズも3サイズも
小さ目に作ってあります。そしてこの伸縮性は驚きです。





そこで、できるだけスパンデックスの着圧や伸縮性を長持ちさせるため、
以下のように着ることをおすすめします。


@下(足)の方から着る
できるだけ伸縮性や着圧性を維持するために、幅の広い上(頭や肩)の方から
着るのではなく、下(足)の方から着けるといいです。人間の構造として、
肩幅が一番長さ・大きさがありますから、それを避けるということですね。

A枚数を増やして、力を分散させる
多めに用意して、カーヴィーフィットの負担を下げるのもいいことです。
同じものを日数の隙間なく着続けるよりは、3枚・5枚・7枚と複数枚用意し、
交代に着ることで、その効果も長持ちさせることができます。

B洗濯用ネットに入れて洗濯する
洗濯時にも気をつけることで、カーヴィーフィットの着圧力をより
長持ちさせることができます。それは、洗濯するときは洗濯槽に直に
入れるのではなく、洗濯ネットに入れることです。洗濯槽に直に入れると、
洗濯槽が回るときに遠心力で伸ばされてしまいます。洗濯用ネットに
入れることで、ムダな伸縮を極力抑えることができます。

C乾燥機やコインランドリーは避ける
カーヴィーフィットはスパンデックスを使用していますが、
伸縮性には定評があるものの、強度がズバ抜けて強いという
わけでもありません。乾燥機やこいんらんどりーで熱を加えることは
できるだけ避けるのも長持ちさせることの一つです。

D塩素系漂白剤は避ける
スパンデックスは伸縮性がその特徴ですが、塩素には弱いです。
ですから、洗濯の際には塩素系漂白剤などは使用しない方がよいです。